【郵送施工】レクサスSC430 ヘッドライト クラック除去+ドリームコート施工

今回は三重県より郵送施工のご依頼で、SC430(ソアラ)のヘッドライトクラック除去作業のご依頼です。
今回のクラック除去、過去トップ3に入るくらいの作業となり、作業途中に写真撮影することを忘れて作業に没頭しておりました。
ですので、BEFORE→AFTERの画像集で作業内容を説明させていただきます。

作業前の状態

ドリームコート施工前のレクサスSC430ヘッドライトの状態

この段階ですでに無数のクラックが確認できます。
アップ画像です。

クラックがひどい状態のレクサスSC430のヘッドライトの状態

ドリームコート施工前のレクサスSC430ヘッドライトの状態2

クラックがひどい状態のレクサスSC430のヘッドライトの状態2

ドリームコート施工前のレクサスSC430ヘッドライトの状態3

クラックがひどい状態のレクサスSC430のヘッドライトの状態3

黄ばみもひどく、無数のクラックがあります。
今回の再発防止の保護方法はドリームコートになります。

ドリームコート施工に関するよくあるお問い合わせが、
「ドリームコートを施工するとクラックは消えますか?」
といったものがあります。

ヘッドライトの劣化で多くの方が頭を悩ませているクラックですが、これを除去する方法はドリームコートを施工することではありません。
確かに、ドリームコートの施工でごく微細なクラックは消えますが、ヘッドライトクラックのリペアは下地処理がすべてです。

基本的にはひたすら磨きます。
バランスや削り方等、注意点はありますが、ひたすら磨きます。

今回もひたすら磨きました。
片側で2~3時間くらいかかったでしょうか・・・
とにかく、クラックがなくなるまでひたすら磨きました。

太陽に当て、照明に当て、クラックが消えたかこまめに確認しながらひたすらリペアします。
そして、クラック・黄ばみ・ハードコート、すべての除去が確認できた時点で、ドリームコート施工のための下地を整えドリームコートを施工します。

朝から始めた作業、このころには太陽も沈みかけていました・・・。
ヘッドライトリペアも、ササっとできる作業ではありません。

そして・・・いきなりですが、完成状態です。

ドリームコート施工後のレクサスSC430ヘッドライトの状態

遠目でもクラックが除去できたことが確認できます。
アップでの完成画像です。

クラック除去後のレクサスSC430のヘッドライトの状態

ドリームコート施工後のレクサスSC430ヘッドライトの状態2

クラック除去後のレクサスSC430のヘッドライトの状態2

ドリームコート施工後のレクサスSC430ヘッドライトの状態3

クラック除去後のレクサスSC430のヘッドライトの状態3

いかがでしょうか?
ヘッドライトのクラックは、除去できない・もう新品交換しかないと思われている方も多いと思います。
しかし、実際には意外と高確率でリペアできます。

当店では、郵送施工も承っておりますし、LINE@でのお問い合わせも受け付けておりますので、ヘッドライトのリペアでお悩みの方はパシャっと写真を撮ってお気軽にお問い合わせください!

過去の施工事例

郵送施工の事例

  • 投稿が見つかりません。