ヘッドライト黄ばみ110番で施工すると何が違うの?

当店では何年も研究をして導き出した独自の下地処理法があります。
この下地処理が最大の違いです。
ヘッドライトリペア後の耐久性は保護剤の種類ではありません。

下地処理で決まります。

詳しくはこちらをお読みください。

 

 

 

施工価格表

  ※価格は左右セットの金額となります。

 

納期の目安

 

各保護法の比較

耐久性について

各保護方法の耐久性については、保管状況や使用環境によっても変わりますが、おおよそで、

・ブライトマン      1~2年
・クリア塗装       2~4年
・プロテクションフィルム 4~5年

となっております。

※当店で言う「耐久性」とは、リペア前のひどく劣化した状態に戻るまでではなく「劣化の再発が始まる」までの期間です。
例えば、クラック除去してブライトマン施工した場合、また黄変し始めるのが1~2年という意味で、バキバキのクラックがまた発生するのはさらに数年後のことになります。