ヘッドライト黄ばみ除去+ドリームコート 日産マーチ【郵送施工】

劣化クラックがひどい日産マーチのヘッドライトの状態1

今回は愛知県春日井市から郵送施工のご依頼で日産マーチのヘッドライト黄ばみ&クラック除去+ドリームコート施工のご依頼です。
「愛知県から郵送施工?」と思われるかもしれませんが、カーゴシゴシは愛知県の東端なので名古屋へ行くよりも静岡県へ行く方が早かったりします。ですので愛知県内での郵送施工も意外と多くあります。

さて、ヘッドライトの状態です。

劣化クラックがひどい日産マーチのヘッドライトの状態1

黄ばみがひどくまんべんなく黄色いヘッドライトになってしまっています。
そして、今回ひどかったのがこの劣化クラック。

劣化クラックがひどい日産マーチのヘッドライトの状態1

ヘッドライト全体にこのようなチリチリのクラックがありました。
お客様から郵送施工依頼のLINEをいただいた際、画像も送っていただきました。
「このクラックでしたらすべて除去できます。」
とお答えし、郵送施工依頼をいただきました。

黄ばみ&クラック除去作業の開始です。
今回は360番のペーパー研磨からスタートです。

ヘッドライトスチーマー施工前のクラック除去中の様子1

360番→500番のペーパー研磨終了時。
この段階で、黄ばみとクラックは完全に除去しております。

ヘッドライトスチーマー施工前のクラック除去中の様子1

拡大。
ペーパ―目でボケていますが、ヘッドライト全面にあったクラックはキッチリ除去・・・できていると思います。
最終確認作業はこの後で。

クラック除去作業に使用したペーパーの状態

今回のクラック除去に使用したペーパーの山。
今回はたくさんの時間とたくさんのペーパーを使いました・・・。

ヘッドライトスチーマー施工前のクラック除去完了のヘッドライト

ちょっと向きが変ですが・・・。
ヘッドライト全体の黄ばみ&クラック除去し、ポリッシャー研磨まで終了した状態です。
ドリームコートは2000番程度のペーパー目の状態から施工するので、このポリッシャー作業は不要と思われがちですが、今回のようにヘッドライトにクラックが発生した状態のヘッドライトリペアの場合、完全にクラックが除去できているかチェックするために一度ポリッシャー研磨まで行いツルツルに仕上げます。
もし、この段階でクラックの残りを発見したら・・・・・・・・・・。
粗目のペーパ研磨からやり直しです。。

ヘッドライトスチーマー施工前のクラック除去完了のヘッドライト2

拡大画像。今回は一発でクラック完全除去できておりました!

ヘッドライトクラック除去前とクラック除去後の比較画像

ペーパー研磨の前後の状態。
色やクラックによるボケもなくなり綺麗になりました。
ドリームコート施工が楽しみです。

ヘッドライトスチーマー施工前の状態

左右のヘッドライトにクラックの残りがないことを確認したら、再度2000番でペーパー研磨をしてドリームコート施工の下地を整えます。

ヘッドライトスチーマー施工前の状態2

先ほどのツルツル綺麗になったヘッドライトからまたペーパー研磨・・・
作業者側からすると切ないですが、お客様んのヘッドライトを完璧にリペアするためには抜くことのできない工程です。

そして、新導入のドリームコート施工です。
ドリームコート施工の様子は動画でご確認ください。


そして、完成です。

ヘッドライトスチーマーによる黄ばみ取り完成画像1

ヘッドライトの色は黄色からシルバーに変わりました。

ヘッドライトスチーマー完成画像2

クラックが大量発生していた箇所もこの通り。
鏡のような仕上がりとなりました。

ヘッドライトスチーマーによる黄ばみ取り完成画像3

下側からの様子もバッチリ。

ヘッドライトスチーマーによる黄ばみ取り完成画像4

今回のヘッドライトは内側からのくもり等が全くなく新品のような仕上がりとなりました。

カーゴシゴシのヘッドライトリペアやドリームコートについての詳しい作業工程はこちらのページで説明しております。

このヘッドライト表面再生装置によるヘッドライト再生施工、只今新導入キャンペーン実施中です。
キャンペーン詳細はこちらから!

過去の施工事例